ABOUT
THE PUBLIC ORGANIC

ORGANIC | URBAN | HOLISTIC

精油の力で、日々を美しく前向きに。

ストレス社会の現代。
多くの女性が、ストレスによって悩まされています。

THE PUBLIC ORGANICは、
植物のエネルギーが凝縮された精油の力に着目。
みだれがちな現代女性の心身をときほぐします。

1日の始まりの朝、心を休めたい夜に。
ストレスフルな毎日に、精油の力を。

100%精油調合

精油芳香成分が嗅覚を刺激しアプローチ。
みだれがちな現代女性の心身をときほぐします。

VIEW MORE / 精油の力

THE POWER OF
ESSENTIAL OIL

精油とは

植物の花や果実の皮、樹皮、葉、種子などから
抽出した100%天然の揮発性オイル。
有効成分を高濃度に含有した芳香物質で、
植物ごとに特有の香りと機能を有しています。
大量の植物からほんの少ししか採れない
大変貴重なエッセンスです。

※植物の種類、産地、生産方法によって異なります。


心へ作用する精油の香り

植物から抽出した100%天然の有機化学芳香成分が
心身にダイレクトに作用します。


精油芳香成分の経路

精油の香りをかぐと
鼻腔→大脳辺縁系→視床下部→自律神経
といった経路で作用します。


精油の特長

精油に含まれる高濃度有効成分が自律神経のバランスを整えます。

リモネンを含むオレンジ精油や酢酸リナリルを含む
ラベンダー精油は大脳辺縁系から
身体のコントロールセンターである視床下部に働きかけ、
過度な交感神経活動を抑制します。

自律神経のバランスを整え
ストレス症状を改善し、リフレッシュ&リラックスした気持ちに!

本格オーガニック処方

世界最大規模のオーガニック認証機関基準に
倣った本格基準で開発されています。

VIEW MORE / ヒトと地球に配慮した
THE PUBLIC ORGANIC 16箇条

ヒトと地球に配慮した
THE PUBLIC ORGANICの16箇条

  1. 最終製品の95%以上は自然由来原料(水を含む)であること。
  2. 最終製品の10%以上はオーガニック原料であること。※1※2※3
  3. 製品の香りづけは100%精油であること。※4
  4. 各製品においてオーガニック原料を具体的に開示すること。
  5. 洗浄成分の中でも、ラウレス硫酸Na、パレス硫酸Naは使用しないこと。
  6. 石油由来成分の中でも、鉱物油、タルク、フェノール、パラフィン、カルボマー、PEG、PG、は使用しないこと。
  7. シリコンは使用しないこと。
  8. 合成着色料は使用しないこと。※5
  9. 微生物由来原料及びハチミツ、ミツロウを除く、動物原料を使用しないこと。
  10. ナノ粒子原料は使用しないこと。
  11. 可能な限り防腐効果のある植物由来原料を使用し、石油由来の防腐剤は最低限の配合に留めること。※6
  12. 原材料は出来るだけ自然に還る生分解性のあるものを選ぶこと。
  13. 容器や間接包材はリサイクル可能なものを使用すること。
  14. 動物実験を実施しないこと。
  15. 全ての製品で第三者機関によるヒトパッチテストを実施すること。※7
  16. 原料から製造過程に至るまで、厳格な品質検査、管理をすること。

※ 精油100%で調合しているため、香りや色調に変化が生じる場合がございますが、製品の品質に問題はございません。

  • ※1 オーガニック原料とは、3年以上農薬及び化学肥料を使っていない耕地で栽培された植物(有機JAS及びEU有機基準、米有機プログラム規格、もしくはそれに準拠する規格)を粗原料として単純加工した、植物油・蒸留水・精油・抽出エキス、乾燥粉末を主とする。
  • ※2 再生可能、持続可能な植物原料のみを対象とする。
  • ※3 ボディソープ、ディフューザーを除く。
  • ※4 使用する全ての精油はガスクロマトグラフで組成を分析し、品質を確認したものを使用すること。
  • ※5 中身に色がついているものは全て天然由来成分によるもの(精油を含む)。
  • ※6 パラベン及びフェノキシエタノールは使用しないこと。
  • ※7 肌残りする製品に関してはアレルギーテストも実施します。